法律とお金のトラブル、困った時はサポートできる専門家へ相談を

法律で困ったことは専門家が解決する

事故後の障害

交通事故の後遺障害の多様性。

交通事故そのものの件数は減少していますが、被害が甚大なものは増加していて、後遺障害が残る場合もたくさんあります。むち打ち症はその代表的なものですし、最近では脳髄液減少症といって判断能力の著しい低下を生み出すようなものも医学的に因果関係がはっきりしつつあります。後遺障害の賠償額は第三者機関が症状が固定された段階で、医師の診断に基づいて等級が定められて、それに基づいて賠償するべき金額も算定されてきます。これに不服である場合、審査請求ができますが、最終的な判断に不服であれば、裁判によって認定してもらうようになります。すなわち訴訟を裁判所に提起して、半径で任用されることによって変更が認められることになります。裁判には不服申し立てができるので、高裁、最高裁と争いが継続される場合もあります。

治療費は高額なものになっていく。

後遺障害による治療には多様なものがありますが、因果関係が認められるかどうかは微妙なものもあります。ただ、裁判にまで及ぶと認められやすい傾向にあります。それゆえ民間治療的なものにも足しげく通っている人たちもいますし、専門治療に通院する人たちもいて、損害額は増加の一途をたどっています。これはそれぞれの損害保険の保険料の増加につながっています。どこまでが詐病か否かを判断することはとても困難です。そこに乗じて、交通事故を繰り返す人たちも中にはいるようです。医療の進歩によって技術も向上しましたが、その分治療費等も高額になっていますので、交通事故への備えはドライバーにとって最低限しておくことが必要です。交通事故による後遺障害の請求は示談後であっても、その当時予見できないものや発症していなくて判明していなかったものについては請求できるものと考えられます。